BFS SUMMIT 2013

BFS SUMMIT 2013 EVENT REPORT
DAY1
DAY2

BFS Management Seminars

フィットネスクラブ経営者やスタジオ管理担当者を対象とした実践的な各種セミナーを実施しました。
クラブの運営やトレンドに興味のあるフィットネスクラブ関係者であればどなたでもご参加いただけたもので、
お弁当やケータリングも楽しんでいただきました。知識欲と食欲を満たす1日となった筈です。

引き続き18:30よりBFS主催のWine Partyを別室にて開催し、イタリア政府公認ソムリエの資格を持つ弊社スタッフの講釈に耳を傾けつつ、上質のイタリア料理とワインを嗜みながら参加者同士でコネクションを深めていただきました。

○日程:12月6日金曜日10:30 〜 18:30 (途中入退場可)
○対象:フィットネスクラブ経営者・マネージャー・スタジオ管理担当者

フィットネスクラブ経営者・マネージャー・スタジオ管理担当者の方々

Seminars.1

<主題>
Let's Move to GREAT!

<副題>
〜GoodからGREATなクラブへ〜

<内容>
前半はBFSからの様々な重要情報のアップデートを行い、後半はGoodではなく、GREATなクラブになるための基本的な考え方を
元に、採るべく戦略策定方法や、スタジオスケジュールの編成のポイントや落とし穴まで具体的に解説いたしました。

Seminars.1の様子

Seminars.2

<主題>
SNSでクラブ運営を強固にし、メンバーとコネクトする

<副題>
〜テクノロジーが苦手でも大丈夫!〜

<内容>
株式会社アドバンスド・メディア・オペレーションズ(AMO)の 取締役である市勢様に「SNSとは?」から始まり、「スポーツ クラブ運営にSNSをどう活用したら良いのか?」「そのメリット 、デメリットとは何か?」「SNSによる広告効果と解析」など、 わかりやすく解説をしていただき、今後の運営にヒント満載の 75分でした。

Seminars.3

<主題>
最新海外トレンドと日本市場における可能性

<副題>
〜ジョン・ボードマンの今コレ!〜

<内容>
海外(米国を中心とした諸地域)のフィットネス事情、旬なトレンドや現象と、日米の生活習慣や文化の違いからスポーツクラブのシステムまでご紹介いたしました。また退会率でなく、生存率=定着率に着目し運営体制を構築されているエスティフィットネスクラブ代表取締役の澤田様にお話いただきました。

<ゲストスピーカー>
株式会社沢田工務店 エスティフィットネスクラブ 代表取締役 澤田貞雄様

Seminars.3の様子

Seminars.4

<主題>
BFS BEST PRACTICES

<副題>
〜成功事例を共有し、効果的にプログラム展開を推し進める〜

<内容>
どのような戦略の下、スタジオプログラム編成等でマーケットに何を仕掛けているのか?BFSプログラムどう活用しているのか?
果たしてその効果は?など、代表的なクラブのエグゼクティブに成功事例をお話いただきました。

<ゲストスピーカー>
株式会社東急スポーツオアシス 執行役員 運営本部長 向井宏典様
株式会社心 フィットネスクラブJ-MAX 支配人 渡邉亮様
株式会社ライフリレーション 代表取締役 吉成久幸様

Party

BFS Program Intensives

〜Good to GREAT Instructor〜

全国のBFSインストラクターから特にご要望の多い、Group Power、Group Kick、Group Centergyについての疑問や不明点を明快にクリアにする技能向上を目的とした特別研修を行いました。

○日程:12月6日金曜日
○対象:BFSインストラクター

Intensives.1

■Group Power

<講師>
Group Power National Trainer・小林大昌(Hiro) 、中沢智治(Tomo)

<主題>
Teaching Targetの本質

<副題>
指導にあたり注意すべき点を理解し、知識を深め、質を高めていく観察眼を身につける。

<内容>
指導にあたり注意すべき点を理解し知識を深め質を高めていく観察眼を身につける。 "Difference that makes difference(違いを生み出す違い)” を観察し、理解する。 前半は座学、後半はスマートフォン等モバイル端末の動画/静止画撮影機能を使い、ペアを組んでフォームチェック。

<担当者所感>
意識の高いインストラクターが受講したこともあり、非常に和やかに、且つ緊張感のある中インテンシブができた事を素晴らしく思いました。 ナショナルトレーナーとインストラクター双方において話す内容(コーチング)から動き(エクゼキューティング)までの一貫性(ブランディング)、そして安全性(マネージング)の共通理解(コネクティング)が持てたこともこの研修の良いところでした。 今回受講してくれた皆様とトレーナーが、大きな輪を持ってさら多くの方々に今回の研修内容が浸透してくれたらと思います。次回はもっと多くの方と共有できることを願います。

Intensives.1の様子

Intensives.2

■Group Kick

<講師>
Group Kick National Trainer・内間龍太郎(Ryu) 、中沢智治(Tomo)

<主題>
Executingの真(芯)を極める

<副題>
Executingの理解と習得

<内容>
Group Kickの要はExecuting(安全で正しい動き、本物らしい動き)です。私たちGroup Kickインストラクターに必要なことは@動きで指導するA音楽を動きで表現するB動きで魅せ、繋がりを持つCGroup Kickブランドである動きに一貫性を持つDGreatな動きで熱狂的ファンを増やすことです Group KickインテンシブではMMA(総合格闘技)、パンチ動作、キック動作のフィットネス的な面、本物らしい面を見せながら解説し、徹底的に練習しました。

<担当者所感>
全国から意識の高い参加者が集まり刺激的な時間となりました。参加者からは「自分の動きの再確認できた。改善点が見つかった。動きを理解して練習することの重要性を学んだ」という声をもらいました。私たちGroup KickインストラクターはGOOD(優れた)よりもGREAT(素晴らしい)を目指し続けることが最高のエクスペリエンスへのカギとなります。次回のご参加もお待ちしております!

Intensives.2の様子

Intensives.3

■Group Centergy

<講師>
Group Centergy National Trainer・塩谷陽向思(Hisa) 、 上田浩之(Hiro)

<主題>
魅せるExecuting

<副題>
GCの原理の関連性を再確認し、それぞれのポーズに正確に反映させる

<内容>
リリースの中からピックアップし、センタジーサポートの徹底練習から膝、股関節、骨盤の正しい動かし方の確認、修正方法の習得をしました。骨盤と肩甲帯のポジションの再確認及び修正を行い、呼吸と背骨の動きを連動させることで、重力の対して、どうポーズのバランスを保つかを検証をしました。 エネルギーを中心に集めるための、筋肉の使い方、即ちマッスルセンタジーの活用法を確認し、ペアドリル、トラック練習を行いました。

<担当者所感>
ちょっとした身体の使い方の癖を修正することで、ポーズ全体のバランスが正確に修正され、バランスが整うと身体は楽に美しく動けるようになります。Group Centergyの原理を理解し、より魅せられる Instructorとしてスキルアップしていただきました。2時間という短い時間でしたが、楽しく、しっかり学べたのではないでしょうか?充実した 素晴らしい2時間でした。

Intensives.3の様子

BFS Program Special Classes

BFS全9プログラムから厳選した5プログラムを、全国から集った選りすぐりのTrainer達によりかつてないエクスペリエンスをお届けしました!

<日程>
11:00 〜 12:00【 Group Centergy 】/12:30 〜 13:30【Group Groove】 /14:30 〜 15:30【Group Power】
16:15 〜 17:15【Group Step】 /17:55 〜 18:55【Group Kick】

<出演>
〜National Trainer Team〜
中沢智治(Tomo) 井上菊代(Kiku) 内間龍太郎(Ryu) 上田浩之(Hiro) 塩谷陽向思(Hisa) 五十嵐真代(Mayo)
小林大昌(Hiro) 石黒美菜(Mina) 安井香織(Kao) 荻原薫(Ogi) 遠藤由理(Yuri) 池内広次(Koji)

〜株式会社メガロス Trainer Team〜
秋元優也(Yuya) 矢ヶ崎智之(Yaga) 布施亮(Genki) 佐藤美沙子(Misako)

〜株式会社東急スポーツオアシス Trainer Group〜
五十嵐陽一(Yo) 松田太一(Matsu) 大井克彦(Katsu) 稲田薫(Ina)

〜株式会社ルネサンス Trainer Group〜
西野知香(Chika)

BFS Program Special Classesの様子1BFS Program Special Classesの様子2BFS Program Special Classesの様子3